読書記録~防忘録~

読書記録です。時々、漫画やアニメにも独り言してます。

読書 作家別は行

恋のゴンドラ 東野圭吾著 実業之日本社 2016年

ゲレンデを備えた里沢温泉を舞台に男女が繰り広げる連作短編集。 ネタばれになってるかも、すみません; ゴンドラ 結婚を約束した恋人 美雪がいながら、別の相手 桃実とゲレンデに遊びに来た広太。浮気旅行がバレないようにスノボからウェア、ゴーグルまです…

幻想遊園地 堀川アサコ著 講談社文庫 2022年

「幻想」シリーズ。 ネタばれあります、すみません; あの世とこの世を結ぶ境界エリアにある探偵事務所で勤務する、元幽霊の真理子さん。彼女のもとに、同級生が変になったという相談が持ち込まれる。原因は竜宮ルナパークなる遊園地にあるらしいのだが、そ…

ロスジェネの逆襲 池井戸潤著 ダイヤモンド社 2012年

半沢直樹シリーズ3冊目。 ネタばれあります、すみません; 東京中央銀行の花形部署から子会社「東京セントラル証券」に飛ばされた半沢直樹。新天地で2か月が経つも、なかなか結果の出せない半沢に、大きな案件が舞い込む。IT企業の雄「電脳雑伎集団」が、ラ…

またあおう 畠山恵著 新潮文庫 2022年

『しゃばけ』シリーズ外伝。短編集。 長崎屋あれこれ 若だんながついうっかり、たとえ話で出した「具合が悪い」という言葉で、布団巻きにされてしまった。お馴染みのはなれに、両親は勿論、妖や天狗や僧侶や、神様までやってくる。 はじめての使い 戸塚の猫…

新説 狼と香辛料 狼と羊皮紙Ⅶ   支倉凍砂著/文倉十イラスト  メディアワークス電撃文庫  2021年

『狼と羊皮紙』シリーズ7冊目。ネタばれになってるかも、すみません; 死者の乗る船が渡来する港町・ラポネルでの騒動を後にして、コルとミューリは再びラウズボーンへの帰路につく。 教会の不正を糺し、王国との争いを収める決意を新たにするコル。賢狼の娘…

100万回死んだねこ 覚え違いタイトル集 福井県立図書館 講談社 2021年

「とんでもなくクリスタル」「わたしを探さないで」「下町のロボット」「蚊にピアス」「おい桐島、お前部活やめるのか?」「人生が片付くときめきの魔法」「からすのどろぼうやさん」「ねじ曲がったクロマニョンみたいな名前の村上春樹の本」「八月の蝉」「大…

御坊日々(ごぼうにちにち) 畠中恵著 朝日新聞出版 2021年

時は明治20年、浅草の東春寺の僧 冬伯にまつわる連作短編集。廃仏毀釈の折に死んだ師僧について迫っていく。 ネタばれになってるかも、すみません; 色硝子と幽霊 廃仏毀釈で廃寺になった浅草東春寺を、かつてこの寺で修行していた冬伯は、相場で儲けた金で…

白銀ジャック 東野圭吾著 実業之日本社文庫 2010年

初出は2008年。 年の瀬、新月高原スキー場に脅迫状が届いた。犯人は、数あるゲレンデのどこかに、雪が降る前に爆弾を仕掛けたと言う。経営陣は損失を怖れて警察には通報せず、言われるまま身代金を払うことを決意。だが、それは一度では収まらなかった。小出…

世の中と足並みがそろわない ふかわりょう著 新潮社 2020年

スマホ画面が割れたままの女性、「ポスト出川」から舵を切った30歳、どうしても略せない言葉、アイスランドで感じる死生観、タモリさんからの突然の電話……。どこにも馴染めない、何にも染まれない。世の中との隔たりと向き合う “隔たりスト”ふかわりょうの、…

東野圭吾公式ガイド 作家生活35周年ver. 東野圭吾作家生活35周年実行委員会 講談社文庫 2020年

著作100冊目前、全世界で一億部を突破!日本で、世界でその人気を誇る東野圭吾。ミステリーもファンタジーも、シリアスもコメディも、すべてをベストセラーにしてきた大人気作家の35年間は挑戦の連続だった。25周年版公式ガイドに新作の自作解説を加え、貴重…

狼と香辛料ⅩⅩⅢ Spring LogⅥ  支倉凍砂著/文倉十イラスト  メディアワークス電撃文庫  2021年

シリーズ23冊目。ネタばれになってるかも、すみません; 狼と宝石の海 ホロとロレンスがサロニアの町の借金問題を片付けた後。その近くの山村は、少し前まで鱒の養殖が盛んに行われていた。今は魚に病気が流行り養殖は滞って、代わりにと始めた鹿革産業が軌…

もういちど 畠山恵著 新潮社 2021年

『しゃばけ』シリーズ。ネタばれになってるかも、すみません; もういちど 雨が降らず、暑い日々が続いている。兄やたちは避暑のため若だんなを根岸の寮へ移すことに。各地で行われる雨乞いのせいで、天空には数多の龍神が飛んでいる異様な状態、水路を行く…

一度きりの大泉の話 萩尾望都著 河出書房新社 2021年

「大泉に住んでいた時代のことは封印していました。しかし今回は、当時の大泉のことを初めてお話しようと思います」(前書きより)。 全352頁、12万字書き下ろし。未発表スケッチ多数収録。出会いと別れの”大泉時代”を、現在の心境もこめて綴った70年代回想…

いわいごと 畠中恵著 文藝春秋 2021年

『まんまこと』シリーズ第8弾。連作短編集。 こたえなし 三人の男が富くじを買って、十五両が当たった。揃って旅行にでも行こうか、という話が、行き先を巡って諍いに。伊勢か大山か箱根、だが話を聞くうちに、麻之助は三人の悩みが別にあることに気が付い…

林原めぐみの ぜんぶキャラから教わった 今を生き抜く力  林原めぐみ著 KADOKAWA 2021年

声優・林原めぐみがキャラクターたちから受け取ったメッセージ デビュー以来、さまざまなアニメ作品で、数多くのキャラクターの声を担当してきた、声優・林原めぐみ。どのようにそれぞれのキャラクターたちと向き合ってきたのか。そして、彼や彼女たちからど…

少年と犬 馳星周著 文藝春秋 2020年

1匹の迷い犬とそれにまつわる人々との交流を描いた連作短編集。第163回直木賞受賞作。 ネタばれあります、すみません; 男と犬 大震災から半年、男は仙台で犬を拾った。認知症の母を抱え 金を必要としていた男は、外国人窃盗団の逃走を手伝うようになる。母…

新説 狼と香辛料 狼と羊皮紙Ⅵ   支倉凍砂著/文倉十イラスト  メディアワークス電撃文庫  2021年

『狼と羊皮紙』シリーズ6冊目。 ネタばれになってるかも、すみません; ハイランドは〈薄明の枢機卿〉コルとその騎士ミューリに、ラポネルの先代領主ノードストンの調査を依頼した。ラポネルは麦の大生産地。ノードストン一代で豊かな土地に生まれ変わらせた…

マスカレード・ナイト 東野圭吾著 集英社 2017年

シリーズ3作目。 ネタばれあります、すみません; マンションの一室で女性の感電死体が発見された。その犯人が大晦日 ホテル・コルテシア東京で開催されるカウントダウンパーティに現れる、という密告状が警察に届く。新田刑事は再びコルテシア東京にフロン…

いちねんかん 畠中恵著 新潮社 2020年

『しゃばけ』シリーズ。 いちねんかん 長崎屋店主藤兵衛が妻のおたえと共に、九州へ湯治に行くことになった。一年かける旅行の間、若だんなは店の切り盛りを任される。 新しいアイデアを、と土産にもなる旅行用お薬セットを思いつく若だんな。じっくり進める…

あしたの華姫 畠中恵著 KADOKAWA 2020年

シリーズ2作目。連作短編集。 江戸は両国の見世物小屋で評判の、姫様人形・お華と、その遣い手の月草。月草が声色を変えてしゃべっているはずなのだが、「お華には特別な力がある」「真実を語る」ともっぱら噂だ。両国一帯を仕切る地回りの親分・山越も、娘…

言い訳 関東芸人はなぜM-1で勝てないのか ナイツ 塙 宣之/聞き手 中村計 集英社新書 2019年

2018年、M-1審査員に抜擢された芸人が漫才を徹底解剖。M-1チャンピオンになれなかった塙だからこそ分かる歴代王者のストロングポイント、M-1必勝法とは?「ツッコミ全盛時代」「関東芸人の強み」「フリートーク」などのトピックから「ヤホー漫才」誕生秘話ま…

新説 狼と香辛料 狼と羊皮紙Ⅴ   支倉凍砂著/文倉十イラスト  メディアワークス電撃文庫  2020年

シリーズ5冊目。 ネタばれになってるかも、すみません; 神をも畏れぬ女商人エーブの謀略を見事に退け、王国と教会による戦争の危機を回避したコルとミューリ。 騒動も落ち着く頃、コルは自らを慕ってくれるミューリとの関係をはっきりさせなければとあれこ…

猫君 畠中恵著 集英社 2020年

連作短編集。ネタばれになってると思います、すみません; 花のお江戸に隠された、猫又の陣地六つ。花陣・姫陣・祭陣・武陣・黄金陣・学陣。各陣の新米猫又は、将軍様の庇護のもと、江戸城内の学び舎「猫宿」で修業に励む。猫宿の長は、魔王と呼ばれたあの戦…

幻想蒸気船 堀川アサコ著 講談社 2020年

浦島湾の沖に、現代日本で唯一、鎖国を続ける島がある、あなたはその島の跡取りになれる――。母を亡くしたツムギの前に現れた、奇妙島からの使い。折も折、おじいちゃん先生の眼科の受付という仕事を失ったツムギに、新しい職浦島汽船の庶務係に斡旋してくれ…

狼と香辛料ⅩⅩⅡ Spring LogⅤ  支倉凍砂著/文倉十イラスト  メディアワークス電撃文庫  2019年

『狼と香辛料』シリーズ22冊目。 狼とどんぐりのパンニョッヒラの宿仲間から預かった貨幣を小銭に両替するため、ホロとロレンスは港町アティフからヴァラン司教領へ。かつては岩塩鉱や鉄鉱山で栄えていたが、今では寂れてしまった街は、財産整理のため商人の…

わが殿 上 下 畠中恵著 文芸春秋 2019年

合戦が始まる。敵の名は、借金。 幕末期、ほとんどの藩が財政赤字に喘ぐ中、大野藩も例外ではなかった。藩主・土井利忠は、様々な藩政改革を断行し、多額の借金を抱える藩財政を立て直そうとする。その執行役として白羽の矢が立てられたのが、若干八十石の内…

うさぎ通り丸亀不動産 あの部屋、ワケアリ物件でした 堀川アサコ著 角川文庫 2019年

連作短編集。 第一話 入居者がどんどん出ていくアパート 間山美波は見た目はリカちゃん人形のように可愛らしいが、とにかく不器用で仕事もミスばかり、「使えない」人材。趣味の刺繍もチューリップが串団子に見えるような有様、そんな美波がうさぎ通りの丸亀…

てんげんつう 畠中恵著 新潮社 2019年

『しゃばけ』シリーズ。連作短編集。 てんぐさらい また寝込んでしまった若だんなの元に、古今東西の妖しい薬が集まってきた。薬がらみでもう一騒動、仁吉に恋した天狗姫 花風がおぎんに、仁吉との結婚を掛け合ってきたという。条件は薬祖神が二百年前に落と…

かわたれどき 畠中恵著 文藝春秋 2019年

『まんまこと』シリーズ7冊目。連作短編集。 ネタばれあります、すみません; きみならずして 麻之助の前に現れた娘は、楓屋のおりょうと名乗った。曰く、麻之助との縁談がまとまりそうなのでお顔を見に来たという。麻之助には全く寝耳に水の話、しかもどう…

アノニム 原田マハ著 角川書店 2017年

痛快華麗なアート・エンタテインメント開幕!! ジャクソン・ポロック幻の傑作「ナンバー・ゼロ」のオークション開催が迫る香港。建築家である真矢美里は七人の仲間とともにオークション会場、香港島へ潜入していた。一方、アーティストを夢見る高校生・張英…