読書記録~防忘録~

読書記録です。時々、漫画やアニメにも独り言してます。

下町ロケット ゴースト 池井戸潤著 小学館 2018年

 『下町ロケット』シリーズ3作目。
 ネタばれあります、すみません;

 ふりかかる幾多の困難や倒産の危機。佃航平率いる下町の中小企業・佃製作所は、仕事への熱い情熱と優れた技術力を武器に、それらを乗り越えてきた。しかし、佃製作所の前にかつてない壁が立ちはだかる。
 同社技術力の象徴ともいえる大型ロケットエンジン部品の発注元、帝国重工の思わぬ業績不振。帝国重工はロケット事業からの撤退を決めた。主要取引先ヤマタニからは技術力より価格を取るという非情な通告を受け、さらに佃の右腕にして、信頼を置く番頭・殿村は、実家の農業を継ぐと佃製作所を退職する。
 絶体絶命のピンチに、追い詰められた佃が打開策として打ち出したのは、新規事業であった。トランスミッションの開発に手を着けようとして、伝手を辿ったのがベンチャー企業のギアゴースト。社長の伊丹、副社長で技術者の島津が帝国重工を辞めて興した会社だったが、そこがケーマシナリーという会社から、特許侵害として莫大な使用料を請求される。
 伊丹は融資先を探し、佃製作所を頼って来た。弁護士の神谷も交えての対策検討の中、島津の一言からケーマシナリーの訴訟無効、引いては弁護士中川の悪意や末長の背信が明らかとなる。
 漸く危機を脱したギアゴーストは、だが、佃製作所と手を組むことはなかった。島津は佃に、ギアゴーストはダイダロス資本提携することになったと告げる。伊丹には帝国重工に勤めていた頃、ダイダロスの社長 重田を足切りし、結局 自らもリストラされた過去があった。重田から帝国重工への復讐を打診され、伊丹はそちらへと足を踏み出す。…   (出版社紹介文に付け足しました)

 やっぱり安泰のない佃製作所、相変わらずの災難続きです。でも今回のメインはギアゴーストでしたね~。ハッピーエンドになることは分かっているので(←おい)、気になるのはどうやってこの災厄を切り抜けて相手をぎゃふんと言わせるのか、ということ。神谷弁護士 頼りになるなぁかっこいい、佃社長も粘り強いぜ! …と思ってたら。
 伊丹社長がダークサイドに堕ちてしまいました。次作の『ヤタガラス』とはニコイチのお話なのね、手を出し始めたトランスミッションだの農業機械だのの詳細はそちらに書かれるようです。伊丹社長、光の方に上がっておいで~。悪い人じゃないから改心しますように(笑)。

あきない世傳 金と銀 十二 出帆篇 高田郁著 2022年 角川春樹事務所

 シリーズ12冊目。

 五鈴屋の属する浅草太物仲間が、呉服も取り扱おうと町奉行所に願い出た。許しが出るかどうか、待つ間にも幸は算段を整えて行く。かねてから考えてあった「家内安全」の図柄の小紋に本格的に取り組み、その様子は菊栄を感化する。菊栄は笄に着眼、デザインを施そうと試作品を作り、また自前の店舗を持つという目標を新たにした。
 年明けの申請から梅雨時になって、漸く町奉行から帰って来た返事は冥加金千六百両を差し出せというもの。仲間と分けるにしても莫大な負担金を、幸は以前に上納した幕府への貸金千五百両と相殺し、冥加金を値切ろうと申し出る。
 いよいよ絹物も扱えるようになった五鈴屋。呉服切手を考え出し、仲間との間での融通も工夫、贈答用として喜ばれた。旗本との縁もできかけて嫁入り支度を用命されたが、これは音羽屋に横取される。だが、それにもかかわらず、たまたま大坂から得ていた日蝕の日取りの懸念を伝えていた誠実さが買われ、他の武家からの引き合いも増え始めた。
 歌舞伎役者菊次郎からは弟子の吉次の為の新色を依頼され、商売繁盛はしているが、昔通りのきめ細やかなサービスには、人手不足もあってなかなか追いつけない。ジレンマを抱える中、吉原の大文字屋市兵衛から「衣裳競べ」への参加を打診された。幸は、以前から馴染みのあった芸妓 歌扇をモデルに、衣裳競べに参加することを決意する。歌扇は、年季を明けた後も吉原に残り、芸の道で身を立てようとしている女だった。…

 ようやく再出発が叶いました。アイデアも次々出てきますね、呉服切手はともかく幕府への上納金も伏線になるとは思わなかった。
 賢輔への縁談も持ち込まれましたが、五鈴屋の跡取りになる身だとして断ります。…これ、どうするのかしら、幸と結ばれる訳ではないだろうし。幸にも色々不愉快な申し出はあるみたいで、女手一つで江戸を渡るのは大変だ(ふぅ)。菊栄さんがあっけらかんと後ろについてくれてるのは大きいんだろうなぁ。
 男社会で苦労している者の仲間として、歌扇さんが出てきました。どうやらタッグを組む様子、ちらっと出て来た「孫六」とかいう織物が役に立つんでしょうか。
 次巻に続きます。

レジェンドアニメ! 辻村深月著 マガジンハウス 2022年

 『ハケンアニメ!』スピンオフ。

 九年前のクリスマス
 27歳の有科香屋子は、制作進行を担当していたアニメが“空気アニメ”と呼ばれていることを知って、落ち込みながらも『光のヨスガ』を見ていた。
 高校一年生の斎藤瞳は、サンタクロースワンピを着てクリスマスケーキを売っていた。
 高校二年生の並澤和奈は、隣席の田口くんがクリスマスパーティーに呼ばれたことを知って、泣きそうになっていた。田口くんは、和奈の描いた教科書の落書きを、手放しで褒めてくれていた。

 声と音の冒険
 『運命戦線リデルライト』の最終話の絵コンテを見て、音響監督の五條正臣は監督の王子千晴との出会いを思い出していた。シリーズもののアニメで斬新な演出を狙い、上から怒られていた彼。今、王子は自分の名前を出した作品で、新しい効果に挑む。

 夜の底の太陽
 母さんと二人だけで引っ越して来た団地、同じ小学校の生徒のいない遠い塾に、冨田太陽は通っている。母の方針で漫画もアニメも見ていないから、友達がそんな話題で盛り上がっていても話に入れない。でも、順太も爽平も、拾った猫の貰い先を一緒に探してくれた。そんな二人とケンカした後、猫を引き取ってくれたお姉さんが、アニメ『サウンドバック』を勧めてくれた。

 執事とかぐや姫
 逢里哲哉は25歳、フィギュア会社の広報を担当している。フィギュアの祭典「ドール・ソニック」で自分のミスに落ち込んでいたのに、憧れの原型師に会えていきなり浮き上がった。鞠野カエデ、実際に会うと女性で美人で、二度目に会った時には子連れだった。でも逢里は気にならない。彼女が天才的な原型師で、いつか一緒に仕事がしたいということの他は。

 ハケンじゃないアニメ
 和山和人は長寿アニメ『お江戸のニイ太』のプロデューサー。今年で30周年を迎えるその記念の新OPを、斎藤瞳監督に依頼できるとあって興奮気味。ただ斎藤は、この有名アニメを通ってこなかったと言う。よぎる一抹の不安、その上『ニイ太』立ち上げから関わって来たベテランプロデューサー七神昇平も退職すると言って来た。七神は長年、『ニイ太』の原作者 左近寺誠とのパイプ役を務めているのに。

 次の現場へ
 人気声優 美末杏樹とアニメーター迫水孝昭の結婚式にて。散々ぼやく王子千晴、それを宥める有科香屋子、制作からアニメーターへ転身した川島加菜美も出席していた。王子の次の仕事はチヨダ・コーキ原作の『V.T.R』、脚本に赤羽環を迎えて丁々発止の会議を重ねている。作画監督は並澤和奈、斎藤瞳は別の劇場版作品に呼ばれている中、川島加菜美は自分に声が掛からないことを気に病んでいた。…

 映画になった『ハケンアニメ!』、きっとそれにあわせて刊行された短編集。映画はぐずぐずしている間に見損ねました。(←おい)
 出てきましたねぇ、チヨダ・コーキに赤羽環! 世界線同じ話だったのね、ふふふ、そうでしょうとも。
 さすが辻村さん、着眼点がオタクならでは(笑)。音響監督やフィギュアメーカーなんて所に話を持って行くとは(何故か上から目線)。
 『ハケンじゃないアニメ』、これはどれかモデルがある作品というより、色々なアニメの集合体でしたね。『忍たま乱太郎』と『アンパンマン』の混合だろうか、『ドラえもん』や『クレヨンしんちゃん』は入ってない気がするけど、と思ってたら最後の謝辞に諏訪道彦さんのお名前。…そう、読売TVのアニメは長寿を狙うんですよね、『ルパン三世』から『コナン』まで。子供は勿論、大人まで楽しめるもの、再放送まで視野に入れて、ですものね。
 相変わらず熱い人たち、みんな誠実に仕事に向き合い、それが評価されて行く。いい加減で済ますことができない、そりゃ時間やら何やら制約はあるけど、その中でベストを尽くす。やっぱり読んでて気持ちのいい作品でした。
 それにしても、『サウンドバック』、本当にアニメにならないかなぁ。

よくわかる一神教 ユダヤ教、キリスト教、イスラム教から世界史をみる 佐藤賢一著 集英社 2021年

イスラエルパレスチナの衝突。世界各地で勃発するテロ。その背景の根深い宗教問題――。
同じエルサレムを聖地とするユダヤ教キリスト教イスラム教をめぐる約三千年を追いながら、日本人がわかりにくいと思われるポイントを整理し質問形式で世界史を読み解く。
直木賞毎日出版文化賞司馬遼太郎賞受賞の西洋歴史小説第一人者による世界史講義。   (出版社紹介文より)

 佐藤さんによる宗教解説、そりゃ面白かろう!ってんで予約を入れました。
 旧約聖書が「史書というより神話や伝説」(大洪水の話ってギリシャ神話にもありますもんね)、それを史実と照らし合わせる、って発想にわくわくしました。予言者にもモデルらしき人物がいるのか、へぇ~。
 知らないことばかりで、目から鱗!でした。旧約聖書が編纂されたのが実際のことより800年も後だったとか(そりゃ齟齬も起きよう)、一神教の起源としてエジプトのアテン神説があるとか。ツタンカーメンの前王アメンヘテプ四世が宗教改革を推進して…ってエピソードは知ってましたが、それがユダヤ教に繋がってたかもしれないとは。何度も訪れる苦難を「神からの罰」として、「他の民族に負けた訳ではない」とする。…これ、下手すると反省して改善する、ってことを放棄することに繋がりそうな…。
 多神教が一般的だった世界にキリスト教が広まるのに、聖人の役割が大きかった。…そうか、「〇〇の神」を祀る代わりに「聖〇〇」の日か。
 ルターによる聖書のドイツ語訳、このあたりのごたごたは『狼と羊皮紙』シリーズや『本好きの下剋上』がモデルにしている世界ですね。
 近代になってくるといよいよややこしくなってきます。祖国なき故のユダヤ系のネットワーク、同一国にいても「同じではない」と思われてしまう。商業を主として豊かだったイスラム世界は、教義に忠実だったこともあって近代化に遅れ、キリスト教に圧され、細分化する。キリスト教内も様々に分かれ、清教徒アメリカに移住するし、アイルランド問題、スペイン問題にウクライナにまで触れられます。出版は2021年だから、識者から見たら今のロシアのウクライナ侵攻は十分予想できるものだったのかな。

 章ごとに入る、佐藤さんご本人のちょっとしたエピソードも楽しかったです。アニメ『アラビアンナイト シンドバッドの冒険』あったなぁ! 『大草原の小さな家』に宗教問題に絡んだエピソードがあったとは、そうか、東京ディズニーシー楽しいのか、私シーの方 行ったことないんだよなぁ。

 読み通しはしたんですが、これきっと忘れるな~。ちゃんと知識として身に着いたら、もっと世界は広がるでしょうに。記憶力の減退が辛い;

大竹宏さん

 ネットで訃報を知りました。…続くなぁ。

 記事では『キテレツ大百科』のブタゴリラ役で紹介されているのをよく見ましたが、マジンガーZのボスもこの方だったんですね。私の中ではニコチャン大魔王(@Dr.スランプ)が圧倒的に残っています。

 塩辛く響く声、コミカルで温かい。ちょっと太めの登場人物、というと一手に引き受けてらっしゃった気がします。
 物心ついた時には、耳にしていたお声でした。もう聞けないのが残念です。
  ご冥福をお祈りいたします。

小林清志さん

 ネットで訃報を知りました。
 ついこの間、『ルパン三世次元大介の役を勇退する、という記事を読んだばかりだったのに。
 この方は本当にいつまでもお声が老けなくて。ただ、小林次元最後の回を見た時だけ、えらくお年を感じてしまって、急にどうされたんだろう、と少し驚きました。

 低くて渋い、圧倒的な説得力に満ちた声。ナレーション等での迫力は言わずもがな、それでいて洒脱でユーモアにも溢れている。爆笑問題の太田さんが、以前自分の番組でナレーションをして貰って、本当に嬉しかったとお話しされてましたっけ。

 お声が聞けなくなるのが残念で仕方ありません。
 ご冥福をお祈り致します。

残心 凛の弦音 我孫子武丸著 光文社 2022年

 シリーズ2作目。
 ネタばれになってるかも、すみません;

 第一話 残身と残心
 十二月に棚橋先生が亡くなって以来、篠崎凛は弓の調子が戻らない。凛を被写体にしている中田先輩にも「つまらない射だ」と言われてしまう。明けて一月、凛の前に波多野郁美が現れた。昨年全国大会で個人優勝した彼女は、凛を遠的に誘う。

 第二話 遠近
 中田先輩も無事志望大学に合格し、高校を卒業した春休み。いよいよ中田先輩監督による映画の撮影が始まった。慣れない作業に戸惑う凛に、共演している波多野は「中田先輩を賭けよう」と挑発してくる。先輩のことは恋愛感情はないのだが、波多野に対し満更でもない様子なのがもやもやする。

 第三話 仁
 新学期が始まって、新入部員も断るほど入って来た。部長として頑張る凛の前に北島刑事が現れ、凛の学校の新入生 沢口がボーガンで撃たれて怪我をした、彼は犯人は弓道部の新入部員 岡崎だと証言していると言う。岡崎は、鳥や野良猫を狙ったことはあっても人間を標的にしたことはない、と言っているらしい。廃部の可能性も頭をよぎる中、凛は沢口の証言に疑問を抱く。

 第四話 矢羽
 ゴールデンウィークの最終日、凛は波多野に誘われて、社会人の大会に出ることに。一緒に来た中田のビデオカメラがなくなるという事件が起きた。幸い、カメラは大会本部に届けられていたが、調べてみると、竹弓竹矢を使っていた青年の動画が消えている。折しもその青年は、決勝に残る成績を出していたにも関わらず、失格になっていた。凛はある可能性を思いつく。

 第五話 蜻蛉
 進路に迷う凛。希望はただ、ずっと弓を続けたいだけ。顧問の吉村先生からアドヴァイスを受け、何となく目指すところが見えて来た。所が、吉村先生の不穏な告発文が掲示板に書き込まれた。曰く、吉村先生が凛にセクハラしているとのこと。吉村先生も凛も否定したが、やがて先生に関するある噂が流れ始め、先生は学校を去る決意をする。

 第六話 弽(ゆがけ)
 夏の大会後、弓を休止して受験勉強に勤しむことにした凛。中途半端に弓に触るとかえって勉強に集中できないと一切を絶ったが、十二月、とうとう禁断症状が出てしまう。母親に諭されて行った区立のスポーツセンターで、凛は吉村先生と再会する。

 第七話 息合い
 二月末、凛は大学に合格した。スポーツセンターで吉村先生と練習していると、波多野郁美が現れた。波多野は女優の道に悩み、また中田も苦労しているらしい。本多先輩も大学の弓道部を辞めたという。凛たちは四人で、スポーツセンターの弓道場に並んだ。…

 おお、続いたか、と多少驚きつつ。
 前作の内容をほぼほぼ忘れてまして、いや、設定くらいは覚えてたんですけど(苦笑;)。手探りでそろそろと読み進みました。
 作者本人もあとがきで仰ってましたが、ミステリではなく青春小説、ですね。それっぽい作品もありましたが、「仁」なんかは、それはちょっとこじつけじゃないか?と思ったり。
 心が大事、という精神的な世界の筈なのに、形から入っても見事な「射」は打ててしまう。そんな割り切り方をしてた波多野郁美も違和感は感じているようで、その辺りが奥深さなんでしょうね。心根が悪くても戦績は優秀、まぁこれはどんなことにも言えることですが。凛は禁断症状起こしてて、これじゃ危険なスポーツだよ(苦笑;)。
 一生大事につきあっていくものとして弓を選んだ凛、これ大学編もあるんでしょうか。一応の結論は出た気がしますが。