読書記録~防忘録~

読書記録です。時々、漫画やアニメにも独り言してます。

走無常 田中芳樹著 講談社 2024年

 連作集。ネタばれ…になるのかな、あります、すみません;

 走無常
 クロネコ、キジネコを連れた育ちのよさそうな少年が一人、関東地方のとある都市に降り立った。その地方の教育委員長を務めた人物が、死後蘇り、その後精力的に政界に乗り出そうとしているという。少年は冥府からの指示で、この世にいる死者を取りしまる「走無常」だった。

 走無常2 緑毛鬼(りょくもうき)
 今回の死人は飛鳥井英道、資産家の息子だったがヘロインで中毒死したのに起き上がっているという。叔母の京(みやこ)の指示の元、英道のマンションを訪ねたところ、英道の体には緑毛が生えていた。どうやら英道は、何者かの呪力によって動かされている被害者らしい。事件の裏には、莫大な資産を巡る老主人の目論見が隠されていた。

 走無常3 役鬼咒(えききじゅ)
 テーマパークのお化け屋敷に、本物のお化けが出るらしい、依頼を受けて瞠(みはる)と京が行ってみると、果たして黒い気のかたまりが人々を襲っている。本来陽気な場所に出る筈のない幽霊がでたことに、瞠は疑問を抱く。オーナーに不満を持つ誰かが、呼び出したのではないだろうか。

 走無常4 偸尸怪(ちゅうしかい)
 金融工学者で投資家の漆田光紀が死んだ。五人もの愛人に囲まれて暮らしていた彼は生前、生き返りを目論んで、かかりつけの医師と対策を練っていたらしい。生贄となる秘書も用意していたが、瞠は忍び込んで死体の周りに硫黄を撒いて、計画を台無しにしてしまった。医師と秘書の間で、仲間割れが生じる。 

 走無常5 天怪地奇人妖(てんかいちきじんよう)
 三年前に死んだ代議士が、息子の体に乗り移った。潜入先で瞠は、宙から現れた少年 竜堂終と知りあう。空間が綻んでいくつもの異界が通じ合い、神怪妖魔が出没、竜堂四兄弟が群魔退治に協力してくれた。瞠は京と共に代議士と渡り合う。…

 田中芳樹、新シリーズ…という訳ではないようで。
 中国の故事伝奇に着想した作品。最初の四編は、中国にはそんな民話というか神話というか言い伝えがあるのね、と楽しく読ませて頂きました。退治方法にしても色々あるんですね~。
 五話目の中編でびっくり。田中芳樹の読者にはすっかりおなじみの登場人物が出て来て、勿論その後残りの三兄弟も。ちょっと嬉しかったのも束の間、…あれ? 何かどたばた具合が破綻してない…??
 瞠、いつのまに京姐さんと別れたの? で、また合流して、結局決定打撃ったの京さん…?? この「何だこれは?」具合は、過去に味わったことがある気が…(苦笑;)。
 奥付を見ると、第一話が1997年で二話目が1996年、2005年、2008年と続き、第五話が書き下ろしらしく、随分長期に渡ったシリーズだったんですね。何だか田中さんの変容具合が見て取れるような…;
 田中さん、今の日本のありように物申したくて書き下ろししたのかな。で、そういう場合は、やっぱり竜堂四兄弟に言わせ易いんでしょうね(苦笑;)。流行りのアニメや漫画もちゃんとチェックしてらっしゃる様子(笑)、とりあえず、久しぶりに四兄弟に会えたのは嬉しかったです。

チャーチル閣下の秘書 スーザン・イーリア・マクニール著/圷 香織 訳 創元推理文庫 2013年

 英国での出版は2012年。

 アメリカで育った「わたし」マーガレット(マギー)・ホープが、今は亡き祖母の古屋敷処分のためにロンドンで暮らし始めて一年余り。その間、この国はナチス・ドイツと開戦し、チャーチルが首相になり、そしていま、空襲の時が迫っていた。そんな折、首相官邸(ナンバーテン)での職の話が舞い込んで来る。数学の能力を活かせる秘書官ではなく秘書としてのオファーだが。女性にタイプとファイリングしか任せようとしないこの国に苛立ちを感じながらも、マギーはその誘いを受け入れる。官邸を取り巻くいくつもの謀略が、待ち構えていることなど知る筈もなく。
 ナチス・ドイツの侵攻のどさくさに紛れて、IRAアイルランド共和軍)がテロ計画を推し進める。官邸の機密を知ろうとスパイが横行し、それを探るMI-5の影がちらつく。マギーが知らない所で、マギーの動向が取り沙汰される。叔母が隠していたのは祖母の存在だけではないようだ。
 才気煥発なマギーが体当たりで陰謀に挑む、魅力のシリーズ開幕編。
                (中表紙の紹介文に付け足しました)

 年末年始、岡田斗司夫さんのYouTubeで紹介されていて興味を持った本。図書館で検索してみると、数名の順番待ちになっていました。…市内に同士の皆さんがいのかな(苦笑;)。皆さん借り終わった後に、手に取りました。
 第二次世界大戦中のイギリスが舞台。確かに色々知らないことだらけでした。食糧が配給制だったとか、防空壕自宅の庭に手製で設置してたとか、動物園の動物も疎開したとか。アイルランドへの迫害が、近年に渡ってもあんな形で続いていたとか。…と言ってもこの近年はこの劇中での近年なんですが。女性蔑視の傾向も、アメリカよりイギリスの方が酷かったよう。今の価値観で読むとなかなかにハラが立ちます(苦笑;)。
 前半はそんなに動きはなかったのに、後半はアクション満載に。映画のような展開は意識して書かれてるのかな、私としては「ああ、こうなっちゃうんだ」みたいな感想になってしまいました(苦笑;)。

爆笑問題 with タイタンシネマライブ#88に行ってきました。

 4月13日(金)、「タイタンライブ」の生中継を見てきました。
 銀座時事通信ホールで開催されるお笑いライブ「タイタンライブ」を各地TOHOシネマに生中継、スクリーンで鑑賞するシネマライブ。
 今回もTOHOシネマ梅田本館にて鑑賞です。

 出演は ひらおか族、ガールズナイト、しびれグラムサム、藤元達弥、まんじゅう大帝国、脳みそ夫、ネコニスズ、シティホテル3号室、まんじゅう大帝国、キュウ、春とヒコーキ、納言、ヤーレンズ、ウェストランド、ハリセンボン、BOOMERと爆笑問題でした。

 ひらおか族は双子のMCの是非について語り、ガールズナイト2.5次元ならぬ2次元舞台の成功に燃え、しびれグラムサムは憧れの先輩後輩の漫才。
 「14年弁護士として働いています」と前置きした藤元達弥はギターとハーモニカを鳴らしながら色々な違いを歌い(「そこから見る!?って大笑いしました)、まんじゅう大帝国はせっかくのパントマイムを台無しにする漫才、脳みそ夫コッペパン探偵の一人語り。
 ネコニスズは正月での自分と姪っ子の振る舞いについて語り、シティホテル3号室は好感度を犠牲にしたTVショッピング撮影風景のコント。キュウは実際あるのかないのか(いやないんだけど)ことわざについての漫才、春とヒコーキは倒産した歯医者のコントを(いや、治療は最後までしてもらわないと;)。
 納言は悩み相談のラジオパーソナリティになりたいと実演し(安部さんの雰囲気ががらりと変わっていて驚きました。そう言えばオシャレが好きとか言ってたっけ)、ヤーレンズは花屋さんへ仲直りの花束を買いに行く漫才(いわゆる枕であちこちこちょこちょ寄り道してて、このまま終わるのかしら、と思ってたら本ネタに入って、あ、やっぱりやるんだ、と思ったり。…というか、その寄り道が面白かったんですよ、漫才として成立してるほどに。漫才の基本が立ち話なら、ヤーレンズ充分確立してるなぁ、としみじみ思いました)。
 ウェストランドは後輩へのパワハラについて噛み付き(「時代からパワハラ受けてる」ってのは凄く納得してしまった、でも受難だと思ってるのは大概おっさん連中なのよね)、ハリセンボンは蕎麦が食べたくなるよね、っていうのと同窓会のネタを。BOOMERは銀座歌祭りのコント、で、爆笑問題です。
 水原一平通訳、裏金問題、宮崎駿監督、笑点の代替わりやキャプテン翼の連載終了、もしトラ等々。「田中」名字の有名人で「田中幹保」が真っ先に出てきますか、アンガールズの田中さんだっているのに!(笑)

 みんな揃ってのエンディング、結局火曜日の夜はさっさと寝ることに(笑)。ヤーレンズの出井さんを散々からかう太田さん、千本ノックを打つが如し。さんまさんにならって定食作りたいんでしょうか(笑)。ハリセンボンの春菜さんは先日のスタジオパークでの太田さんの暴言を明かし(私この番組途中から見たんですよね~)、一緒にいたアナウンサーさんは脇汗でシャツの色が変わったとか。太田さんは社長にちゃんと叱られたそうで、「あのね、『タイタンをぶっ潰せ』とか言われたらイヤでしょう?」。諄々と諭されてるじゃん(笑)。
 さて、次回は6月ですね。楽しみです。

本格科学冒険漫画 20世紀少年 20~22巻 浦沢直樹著 小学館ビッグコミックス

 ネタばれあります、すみません;

 キリコは アメリカの製薬会社工場で”ともだち”に拉致された後 ケロヨンと共に日本に帰国、何故か解放されて東村山の共同体でワクチンの研究開発に励んでいた。
 万丈目の指示で政府内に導かれたオッチョ、ユキジ、カンナ。オッチョとユキジは万丈目の死体と遭遇、罪を着せられて逃げる途中、建設中の空飛ぶ円盤と、それを作ったマー坊と出会う。ヤン坊マー坊は”ともだち”を憎み、敷島博士にロボット製造を依頼していた。
 いよいよ空飛ぶ円盤が試飛行し、空からウィルス替わりのペンキを撒き散らし始めた。”ともだち”は自分が全ての計画の首謀者だったと告白、カンナたちは都民を救おうと、おそらく”ともだち”が攻撃しないだろう万博会場に、全員が集まるよう呼び掛ける。どこからともなく流行り始めた歌を、演奏するケンヂもやってくるから、と。
 だが、ケンヂは”ともだち”に導かれるまま、過去の町並みを再現したテーマパークに行く。その小学校の校庭には、巨大二足歩行ロボットをリモコンで操る”ともだち”がいた。”ともだち”はケンヂを悪の大王と呼ぶ。…

 北海道の謎のDJ、コンチだったのかよ―――――!の21巻。この辺りから読んでいないんですよね。サダキヨは生きてるし、そしたらあの時 見つかった自動車と焼死体は…?? 誰だったんだろう、気の毒な; 幼馴染みが漏れなく出て来て、そしたらますます今の”ともだち”は誰なのか。
 ”ともだち”の正体は明かされないまま『20世紀少年』は終ります。一応円盤は落とされて世界は救われましたけど、これでは消化不良です(笑)。
 『21世紀少年』に続きます。

本格科学冒険漫画 20世紀少年 13~19巻 浦沢直樹著 小学館ビッグコミックス

 ”ともだち”ことフクベエが死んで、友民党内で内紛と粛清がはじまった。残った幹部は”しんよげんの書”を実行するべく世界各国で細菌をばら撒き、同じくキリコはただ一人、ワクチンを配り歩いて、アメリカで蕎麦屋を営むケロヨンと巡り合う。ケロヨンは2000年の大みそか以降ずっと、ケンヂの誘いを断った罪の意識に苛まれていた。
 日本での最初のウィルス被害は小泉響子のごく近辺で起こった。響子はヨシツネに保護され、カンナやヨシツネと共に”ともだちランド”のヴァーチャルアトラクションに入ることに。その1971年は、以前響子が経験したのとは違う、現実に即した世界になっていた。
 原っぱが潰され、ボーリング場が立った世界、秘密基地のみんながそれぞればらばらに生活を送り始めた世界。ドンキーが夜の理科室で見たのは、山根君やサダキヨに見守られながら、首を吊ったまま目を見開いて喋るフクベエの姿だった。
 一瞬でトリックだと見破るドンキー。危害を加えられそうになって逃げだした後、その場に現れたのは、やはり”ともだち”の真意が知りたいとヴァーチャルアトラクションに入った万丈目と、現在の”ともだち”だった。その頃、2015年の現実世界でも、友民党幹部が続々と”ともだち”の姿を目撃していた。
 2015年、再び開かれる万国博。”しんよげんの書”にあるローマ法王暗殺を阻止しようとカンナたちは奔走、だが法王を身を挺して凶弾から守ったのは、棺から起き上がった”ともだち”だった。絶大な支持を受ける”ともだち”。だが、甦った”ともだち”の指示で、世界中にウィルスがばら撒かれた。
 それから3年。強制隔離、ワクチンの奪い合い、人心が荒廃し、一世代、二世代戻ったような町並みの中、ヨシツネもカンナも地下でゲリラ部隊を組織。オッチョは収容施設から逃げだして、サナエとカツオの幼い姉弟の援助を得ながらカンナと合流する。その矢先、カンナの組織が”ともだち”政府に襲われ、カンナは万丈目と会うことに。万丈目は今の”ともだち”の正体が分からないと告白、”ともだち”暗殺を依頼してくる。
 その頃、北の方から、ケンヂの歌が流行り始めていた。ケンヂの歌を歌う男は、東京を目指す。途中、関所にいた長髪の男から、男の犯した悪行を聞く。…

 うん、このくらいまでは読んでる。幼いフクベエの承認欲求、万丈目と出会い、「世界征服」と「人類滅亡」に広がって行く様。でも今の”ともだち”はフクベエではない訳で、誰に繋がっていくのか。
 いよいよケンヂの再登場、映画『大脱走』がここでも効いてきます。友民党幹部を含め、順々に決着がついていくようです。
 次巻に続きます。

夜明けの花園 恩田陸著 講談社 2024年

「ゆりかご」か「養成所」か、はたまた「墓場」か。
湿原に浮かぶ檻、と密やかに呼ばれていた全寮制の学園。
ここでは特殊な事情を抱える生徒が、しばしば行方を晦ます。               
ヨハンの隠れた素顔、校長の悲しき回想、幼き日の理瀬、黎二と麗子の秘密、月夜に馳せる聖、そして水野理瀬の現在。                            
理瀬と理瀬を取り巻く人物たちによる、幻想的な世界へ誘う六編。(出版社紹介文より)

 水晶の夜、翡翠の朝
 学校でおかしなゲームが流行っている。ストローの包み紙で作った白い人形を隠し、その存在に気付いた人を「笑いカワセミが来るぞ!」とはやし立てるというもの。ゲームはエスカレートし、生徒に怪我人が出る悪質な悪戯まで続けて起きた。ヨハンはそれが童謡「わらいかわせみに話すなよ」になぞらえた行為だと気づく。三番の歌詞の見立ては、ヨハンを狙って行われた。

 麦の海に浮かぶ檻
 要と鼎の兄妹は、転校生のタマラと「ファミリー」を組んだ。タマラのエキゾチックな魅力に惹かれて行く鼎。タマラが校長から毒を盛られていると感じた鼎は、彼女と共に学校から逃げ出す計画を立てる。

 睡蓮
 理瀬が、稔と亘と兄妹のように暮らしていた幼い頃。ある日 大柄な美しい女が、可憐な少女を連れて屋敷にやって来た。亘は彼女に惹かれ、理瀬は自分の醜さを知る。

 丘をゆく船
 男装の少女 麗子。黎二は妹のように彼女を可愛がっていた。男装の理由は母親からの虐待らしい。麗子の母親の死に様を知って、黎二は自分の母の死に間際の行動の意味を悟る。傍らには妹の死体があったことも。

 月蝕
 「彼女」が去って、高橋と名乗る数学の女性教師が来て以来、聖は高橋に見張られている気がしている。黎二、麗子、憂理、ヨハン、校長。自分の周辺で起きる様々な出来事、自然に発生したものなのか仕組まれたものなのか。自分は命を狙われている、アメリカ留学まで無事にいられるだろうか。

 絵のない絵本
 ヨーロッパと中東の境界にあるこの国で、理瀬はクーデターに出くわした。ホテルでヴァカンスを楽しむ筈だったのに、爆発に巻き込まれた。不審なことに、宿泊客たちはのきなみ姿を消している。遺跡発掘団の教授や学生たち、ロシア人のカップル、ドイツ人の老夫婦は自殺死体で見つかった。幼い少女を連れた女性は、理瀬の正体を知っているらしい。…

 理瀬シリーズ外伝。『水晶の夜~』と『麦の海に~』は読んだ覚えがありました、アンソロジーに載ってたんじゃなかったかな。
 外伝だけあって内容結構ぼんやりしていて、「こりゃ本編読んでる人にしか分からんだろうなぁ」と思いました。…というか、私自身「誰だったっけ」「どんな話だったっけ」と脳みそ絞り出すこともしばしば、記憶力の低下が憎いわ; でもこれを機会に「何これ」「知りたい」と思う人もいる筈。それだけ思わせぶりたっぷりで、本編面白そうに見える。…とか言いながら、私「全然内容進んでないじゃん」とこっそり思ったりもしたんですけどね、すみません;
 でもやっぱり好きなんだよなぁ。「女の子は作られる。男の子や大人の目が女の子を作る」という文言とか、妙に沁みてしまう。今時 男女関係なく誰だってそうだよ、と思われるかもしれませんが。
 この作品にゴールってあるのかな。読みたいような読みたくないような、でも続編は読みたいです。…その前に色々読み返さなきゃいけないかもなぁ;;

君のクイズ 小川哲著 朝日新聞出版 2022年

 生放送のクイズ番組『Q-1グランプリ』。最終決戦で、「僕」三島玲央は本庄絆に負けた。最後の問題、本庄絆は一言も問題が読まれていないうちにボタンを押し、正解を導き出していた。
 他の出演者が「ヤラセだ」と抗議する中、三島は冷静に番組を見返す。自身の回答も含め、問題を一問ずつ精査する。何故本庄はそのクイズが出ると判断し、正答することができたのか、そこまでする必要があったのか。本庄の生い立ちやそれまでのクイズ履歴、放送されなかった過去問まで調べる三島。やがて、出題の意図、流れのようなものに気付き始めた。それは本庄だけではなく、三島自身のこれまでの人生も振り返るものだった。…

 『アメトーーク!』で紹介されて、気になった本。
 面白かったです。先が気になってぐんぐん読めました。後ろの頁を読んでしまいたい衝動を抑えるのが大変でした(苦笑;)。
 元々クイズ番組自体は好きでよく見ています。「クイズに答える」知識を身に着けるだけではなく、技術まで磨く。傾向と対策、その裏側まで。
 三島が辿り着いた解は、どこまで異端と見るべきか。「このクイズ番組なら回答はこのレベルだよな」「踏み込んだ内容には行かないよな」逆に、「こんな単純な答えではない筈だよな」みたいな穿ったことは、視聴者である私でも考えるので、それをプロのプレイヤーである本庄が突き詰めると「傾向と対策」のレベル内に入るのではないかしらん。…と思ってたら最後にもうひと捻りありましたね(笑)。
 三島のクイズへの純情、純真は踏みにじられたことになるんだろうか。それで食っていこう、と思ったら企画者を超える発想は必要かも、掌の上で踊るのではなく。本庄を否定する気にはとてもなれなかったです。