読書記録~防忘録~

読書記録です。時々、漫画やアニメにも独り言してます。

読書 アンソロジー等

Day to Day 講談社編 2021年

コロナ禍の奇跡ーー2020年4月1日以降の日本を舞台にした連載企画Day to Day。100人の作家による物語とエッセイが一冊にまとまった、珠玉の1冊! (出版社紹介文より) 4月1日から7月9日まで、作家が一日一人ずつ、一作品を書いたショートストーリー。作家さ…

神様の罠 乾くるみ/米澤穂信/芹沢 央/大山誠一郎/有栖川有栖/辻村深月 著 文春文庫 2021年

アンソロジー集。 夫の余命 / 乾くるみ 病院の屋上から飛び降りながら、田ノ本美衣は回想する。余命宣告を受けてからの夫との日々、日々瘦せていく夫との短い結婚生活を。 崖の下 / 米澤穂信 スキー場で、コース外を滑っていたスノーボーダー二人の男性が…

白の劇場 恩田陸著 河出書房新社 KAWADEムック 2021年

ミステリー、ファンタジー、ホラー、青春小説、SF……多彩なジャンルを縦横無尽に越境し、幅広い年代から愛される恩田陸の作品世界を徹底特集。書き下ろし小説、未収録エッセイ他収録。 (出版社HPより) 恩田陸作家生活30年を記念したムック本。 これは楽しい…

爆笑問題 with タイタンシネマライブ#68に行ってきました。

12月11日(金)、「タイタンライブ」の生中継を見てきました。 銀座時事通信ホールで開催されるお笑いライブ「タイタンライブ」を各地TOHOシネマに生中継、スクリーンで鑑賞するシネマライブ。 私はTOHOシネマなんば別館にての鑑賞です。コロナ第三波でどう…

まんぷく 〈料理〉時代小説傑作選 細谷正充編 PHP文芸文庫 2020年

江戸の料理や菓子をめぐる短編六作を収録した、時代小説アンソロジー。 餡子は甘いか 畠中恵 『しゃばけ』シリーズより。 老舗菓子屋安野屋に奉公している栄吉。相変わらず餡子はどうしても焦がしてしまう。管理を任された倉の中、砂糖の量の変化に気付いた…

声優道 名優50人が伝えたい仕事の心得と生きるヒント 主婦の友社 2019年

誰もが知るあの人気作品に出演している超豪華ベテラン声優50名のインタビューを、大ボリュームで掲載。大人気アニメのオーディションやアフレコ秘話、共演者とのエピソードなど、ここでしか聞けない貴重な秘話も満載。 「なぜ“声優”になったのか?」「声優に…

妖し 恩田陸/米澤穂信/村山由佳/窪美澄/彩瀬まる/阿部智里/朱川湊人/武川佑/乾ルカ/小池真理子 著 文春文庫 2019年

〈怪異〉をテーマにした短編アンソロジー。 曇天の店|恩田陸出張で訪れた北陸の古い門前町にて。ふらりと入った和食屋の主人が語る。この地で起こったフェーン現象のこと、この地方では「カワケ」と呼んで「出入口を開けるな」と伝えられていること。 わた…

幽霊の歴史文化学(二松学者大学学術叢書) 小山聡子・松本健太郎編 思文閣出版 2019年

本来、目に見えないはずの幽霊―しかしこれまで日本人は、それを文学作品や映像コンテンツによって描いてきた。 「幽霊」という言葉の意味は時代によって変遷し、それはときに現代人の多くが想像するものと大きく異なる。人びとは幽霊をどう感知し、それを表…

森見登美彦リクエスト 美女と竹林のアンソロジー 光文社 2019年

読書家にして稀代の竹林愛好家として知られる森見登美彦が、今いちばん読みたいテーマで、いちばん読みたい作家たちに「お願い」して、奇跡のようなアンソロジーができました。そりゃあ、「美女と竹林」がテーマになるでしょう! 読みまどい、辿りつけ。きっ…

運命の恋 恋愛小説傑作アンソロジー 村上春樹 角田光代 山白朝子 中島京子 池上永一 唯川恵 瀧井朝世・編 KADOKAWA 2019年

四月のある晴れた朝に100パーセントの女の子に出会うことについて 村上春樹 四月のある晴れた朝、原宿の裏通りで僕は僕にとって100パーセントの女の子とすれ違う。僕はどんな風に話しかけたらよかったんだろうか。 誕生日休暇 角田光代 誕生日休暇、周囲に流…

文藝別冊 [総特集]森見登美彦 作家は机上で冒険する! 河出書房新社 2019年

『太陽の塔』『夜は短し歩けよ乙女』『有頂天家族』そして最新作『熱帯』―― 唯一無二の小説世界を築き上げてきた森見登美彦、初の総特集! デビュー15年、創作の秘密に迫る永久保存版。 キュートなSFあり、怪談ありのバラエティ豊かな短篇3作をはじめ、著者…

秘密のチョコレート チョコレート小説アンソロジー 今野緒雪・岩本薫・我島彩子・はるおかりの・櫻川さなぎ著 集英社オレンジ文庫 2019年

チョコレートにまつわる短編集。 プラリネ 櫻川さなぎ 陸上部をサボってチョコレートカフェに通う倫子。理由はそこに勤めるショコラティエが、姉の元恋人だったから。姉に代わって別れの理由を問い詰める、きっと浮気が原因だからその現場を押さえる、と息巻…

耽美・華麗・悪魔主義 谷崎潤一郎文学の着物を見る 大野らふ+中村圭子編著 河出書房新社 2016年

谷崎文学に登場するヒロインの着物姿を再現! 同時代に描かれた挿絵も同時掲載。岩田専太郎が描く「ナオミ」の着物、小倉遊亀の描く「細雪」幸子の着物――挿絵と本物の着物の美の饗宴! (内容紹介より) 表紙のアンティーク着物に目を惹かれて借りてみました…

だから見るなといったのに―九つの奇妙な物語― 恩田陸・芹沢央・海猫沢めろん・織守きょうや・さやか・小林泰三・澤村伊智・前川知大・北村薫 新潮文庫NEX 2018年

ホラー短編集。ネタばれになってるかも、すみません; 色とりどりの恐怖をどうぞ召し上がれ。 あのとき、目をそらしていたら。でも、もはや手遅れ。あなたはもとの世界には二度と戻れない。恐怖へ誘うのは、親切な顔をした隣人、奇妙な思い出を語り出す友人…

文藝別冊 氷室冴子 没後10年記念特集 私たちが愛した永遠の青春小説作家 河出書房新社 2018年

『クララ白書』『なんて素敵にジャパネスク』『海がきこえる』『銀の海 金の大地』 ――没後10年、愛され読み継がれる小説家・氷室冴子の軌跡と魅力に迫る、総特集! (出版社HPより) これは珍しく購入しました。 ネットで発売されているのを知り、どんな内容…

宮辻薬東宮 宮部みゆき 辻村深月 薬丸岳 東山彰良 宮内悠介著 講談社 2017年

アンソロジー集。 人・で・なし 宮部みゆき 協調性のまるでない後輩が辞めた日、「僕」は居酒屋で先輩と酒を飲んだ。流れのまま、「僕」は中学生だった頃に遭遇した<人でないもの>について語り始める。宝くじの当選金を元手に手に入れたマイホームのこと、…

昔話法廷 Season2 NHK Eテレ「昔話法廷」制作班 編 オカモト國ヒコ原作 イマセン法律監修 金の星社 2017年

これからフシギな裁判が始まろうとしている。 被告人は、友人のキリギリスを見殺しにした『アリとキリギリス』のアリ。 自分の舌を切ったおばあさんを殺そうとした『舌切りすずめ』のすずめ。 そして、地上に帰ると別れを切りだした浦島を殺そうとした『浦島…

7人の名探偵 新本格30周年記念アンソロジー 文藝第三出版部編 講談社ノベルス 2017年

テーマは「名探偵」。新本格ミステリブームを牽引したレジェンド作家による書き下ろしミステリ競演。 ファン垂涎のアンソロジーが誕生! (出版社HPより) 水曜日と金曜日が嫌い ――大鏡家殺人事件―― / 麻耶雄嵩 木枯らし吹きすさぶ山林で遭難しかけた「私」…

私たちの星で 梨木香歩/師岡カリーマ・エルサムニー著 岩波書店 2017年

端正な作品で知られる作家と多文化を生きる類い稀なる文筆家。二人の対話はこの星を駆けめぐり……。 『図書』の好評連載を単行本化。 ロンドンで働くムスリムのタクシー運転手やニューヨークで暮らす厳格な父を持つユダヤ人作家との出会い、カンボジアの遺跡…

ニャンニャンにゃんそろじー 講談社 2017年

アンソロジー集。 ネタばれになってるかな、すみません; 有川浩 『猫の島』 『アンマーとぼくら』番外編。 猫の写真の依頼を受けたカメラマンの父。父と、父の再婚相手晴子さんと共に、ぼくは猫の島竹富島に向かう。そこは父と晴子さんの思い出の地であり、…

〆切本 左右社 2016年

「かんにんしてくれ給へ どうしても書けないんだ……」 「鉛筆を何本も削ってばかりいる」 追いつめられて苦しんだはずなのに、いつのまにか叱咤激励して引っ張ってくれる……〆切とは、じつにあまのじゃくで不思議な存在である。 夏目漱石から松本清張、村上春…

立体妖怪図鑑 モノノケハイ 兵庫県立歴史博物館/編 KADOKAWA 2016年

兵庫県立歴史博物館の平成28年度夏季特別展「立体妖怪図鑑―妖怪天国ニッポンPartⅡ―」の展示図録。 お化け屋敷の人形からフィギュアまで。妖怪立体造形に焦点を当てて紹介。 近代、人形のコレクターが出現したことで立体造形物への感覚が変容し、様々な形で妖…

自薦 THE どんでん返し 双葉社 2016年

名だたる本格ミステリの書き手があなたを仰天させる! ミステリには不可欠のラストの驚き、どんでん返し。 6人の作家が自作から「これは」というどんでん返し作品を自ら選び、読者に届けます。どうぞみなさん、だまされてください。 (内容紹介より) 再生 …

マンガがあるじゃないか――わたしをつくったこの一冊 河出書房新社 編 河出書房新社 2016年

ほんとうに面白い、ぜひ読んでおくべきとっておきの名作・傑作・衝撃作を教えます。小説家、評論家、マンガ家etc.が、全国の中高生に薦めるマンガガイドの決定版! さあ広大なマンガの荒野へ! ■29人の推薦文のタイトルは以下の通り。 年代やジャンルを問わ…

三人寄れば、物語のことを 上橋菜穂子 荻原規子 佐藤多佳子著 青土社 2014年

上橋菜穂子、荻原規子、佐藤多佳子。 三人の物語の秘密が解き明かされる! ? 〈守り人〉シリーズ、『獣の奏者』、『西の善き魔女』、『RDG レッドデータガール』、『一瞬の風になれ』、『シロガラス』… 当代きっての物語の書き手でありまた読み手でもある3人…

「お金」って、なんだろう? 僕らはいつまで「円」を使い続けるのか? 山形浩生 岡田斗司夫FREEex著 光文社新書 2014年

「お金」なんてやめちゃったほうが、社会はうまく回るんじゃないか――? 「日銀の存在は憲法違反?」「金利はどうやって決められている?」「通貨を発行する権利があるのは、なぜ国家だけなのか?」「経済政策の7割はムダ!?」「お金がなくても生活レベルは上げら…

ホリエモンとオタキングが、カネに執着するおまえの生き方を変えてやる! 堀江貴文 岡田斗司夫FREEex著 徳間書店 2014年

貨幣経済は終焉を迎えつつある。貨幣経済の本質はマルチ商法に過ぎない。これからは「貨幣(お金)」ではなく「評価」をたくさんもっている人が社会を作るのだ。ではどうやって「評価」を集めるのか? その第一歩は「メシをおごること」と「儲けようと思わない…

Story Seller annex 新潮社ストーリーセラー編集部編 新潮文庫 2014年

6名の人気作家による短編。 暗がりの子供 道尾秀介 莉子にはもうすぐ、妹か弟ができる。自分と違って、きっと足が不自然に曲がっていたり、お腹がでていたりすることもないだろう。祖母の手術や介護のことも相まって、莉子の家はぎくしゃくしている。莉子は…

西宮のむかし話 児童文学から文学へ 生駒幸子・森田雅也編著 関西学院大学出版会 2011年

図書館の書架にあったので、何となく手に取った一冊。 元々、昔話や民話、童話の類は好きです。「やっぱり三番目の女の子は性格がいいのかしら」とか思いながら読んで行ったのですが、いや、そういう完成した「お伽話」ではなかったな。地名の由来だったり、…

私の本棚 新潮社編 新潮社 2013年

本好きにとって、本棚は宝物、憧れ、宇宙。そして、本棚はほんとに厄介──。 ずらっと揃った文学全集や、愛おしい本だけを並べた棚など本棚の思い出は人それぞれ。 でも一番の悩みは、溢れる本との長年の格闘── 小野不由美・椎名誠・赤川次郎・赤瀬川原平・児…